資産運用・投資のエキスパート シオズミアセットマネジメント
シオズミアセットマネジメント株式会社
登録番号:関東財務局長(金商) 第437号
一般社団法人日本投資顧問業協会 011-01008号
社長兼創業者:塩住秀夫 CEOプロフィール
塩住秀夫:社長兼創業者
米国ノースカロライナ州ギルフォード大学経済学部卒業

塩住秀夫 略歴
1970年 - 1979年 ロバートフレミングアンドカンパニー(ロンドン)投資運用部長
1979年 - 1982年 ロバートフレミングインベストメントマネジメントリミテッド(ロンドン)取締役
1982年 - 1983年 ジャーディンフレミング証券(東京)取締役
1983年 - 1987年 シオズミアンドカンパニー及びシオズミアメリカリミテッド代表取締役社長
1987年 - 1990年 ナショナルアンドフォーリン投資顧問株式会社代表取締役社長
1990年 - 2001年 シオズミインベストメントリミテッド(香港)代表取締役社長
2001年 - 現在 シオズミアセットマネジメント株式会社代表取締役社長

シティーで初の日本人取締役

  当社の創業者であり、社長である塩住秀夫は、米国ノースカロライナ州ギルフォード大学で学位(経済学)を取得し、投資に関して通常日本のファンドマネージャーにはみられない西欧的な視点を身に着けました。

  ロバートフレミング社で初の日本人ファンドマネージャーに抜擢されると同時に、70年代後半、ロンドンのシティーで取締役に選任された最初の日本人でもあります。
   

 

70年代から80年代初めにかけて、「フレミングジャパンファンド」の運用に携わっていましたが、売買回転率を高くするトレーディング的な運用ではなく、忍耐強く長期的投資運用することにより、記録的な好パフォーマンスを達成しました。

この運用方針は現在も変わらず、当社の投資戦略の特徴になっています。

ポートフォリオの特徴

 

「クォンタム・ファンド」のファンド・マネージャーに

  1983年から86年にかけてはジョージ・ソロス氏が設立した「クォンタム・ファンド」の日本株運用のファンドマネージャーに任命され、同ファンドを運用する目的でシオズミアンドカンパニーを設立しました。

 

87年にはナショナル投資顧問株式会社と英国の投資運用会社フォーリンアンドコロニアル社との資本提携を仲介し、新たに設立されたナショナルアンドフォーリン投資顧問株式会社の社長に迎えられ、海外市場への投資機会に目を向け始めていた日本の機関投資家に様々なポートフォリオを開発し提供いたしました。以来、数多くの欧米の機関投資家を顧客としています。

シオズミインベストメントリミテッド(香港)、現シオズミアセットマネジメント株式会社の設立

 

90年には日本株式市場で最も投資魅力があると思われる中小型成長株に投資するべくシオズミインベストメントリミテッドを香港に設立しました。

2001年に全業務を日本へ移管し、現シオズミアセットマネジメント株式会社を設立しました。当社は日本株運用のゼネラリストではありません。成長株ファンド運用のスペシャリストとして、高成長企業の長期投資に特化することが高いリターンをもたらすと考えています。

資産運用のエキスパートへ

 

「株式投資の王道は成長株投資」―塩住秀夫は1970年初期から40年以上にわたりこの投資哲学を一貫して掲げている日本株投資のパイオニアであり第一人者です。相場の流れに左右されず、企業分析のもと、自分の信じる会社に集中投資し長期間持ち続けることが、結果的には最高のパフォーマンスを生み出すという固い信念を持っています。その卓越した運用手腕は欧米で高く評価されています。

ファンドマネージャーの申し子とでもいうべき投資運用のエキスパートである塩住は、投資運用によって顧客に利益をもたらすことに情熱を注いでいます。売買はすべて自らが意志決定しますが、これは当社のポートフォリオすべてに共通する特徴でもあります。当社独自の企業調査に加えて外部の情報ネットワーク等も活用し、投資魅力のある銘柄を発掘、投資します。特に中・小型成長企業の権威として知名度が高く、国内外の投資専門誌でもしばしば卓越した見解が紹介されています。

▲ページトップへ